業者への依頼に際して

修理専門業者トイレのつまりの復旧作業の依頼先選択もまた、その後の安全快適なトイレ使用環境の確保に重要です。咄嗟に思い浮かぶのはやはり、近隣で目にした、あるいはトイレ設置工事時の担当業者かと思われますが、ここで注意したいのが、建設設置業者と修理専門業者では、各々得意とする作業内容や、知識技術機材類が異なるという事実です。何もない状態から便器や管などを用いて構築するのが「設置」であり、完成された状態のまま、トラブルが生じた箇所から全体を正常に作動させるのが「復旧」です。極端に申せば各々が専門的に主業務とする内容自体が違い、トイレを建設設置する業者が必ずしも、緊急対応依頼先としてベストとは言い切れません。

更にトイレのつまりのトラブルは時間を選びません。早朝深夜祝祭日など、業者の営業時間外にどれだけ緊急対応を切望しても、受話器の向こう側は留守番電話が冷たく応対してくれるばかりです。ベストなのは1日24時間年中無休、もしくはこれに準じての対応を約束してくれる、トイレや他の水回り施設の緊急修理を専門とする業者への依頼です。ご家族や関係者間で連絡先の情報を共有から、速やかに確認可能な環境も大切です。候補となる業者のホームページにアクセスから、具体的な対応内容などを事前にチェックされておけば、有事にも慌てる必要はありません。

素人対応のみのリスク

突然トイレのつまりに遭遇から、大慌てでラバーカップを駆使して大量の水を流し、目に見えぬ部分のつまりが流れ落ちて行った気配を確認から水が通って一安心という展開は、多くの方々が経験されているに違いない状況です。 確かにその時点では一件落着状況に違いありませんが、実はこの応急処置的な対処だけでは、再び同様のトラブルが生じるリスクの根本的な解決どころか、時にリスクを大きくしてしまっている懸念が否めません。その場では水が通った結果、目に見えず外部からは手が届かぬ箇所で、より深刻なリスクの種子が発芽してしまっているとすれば、状況はより深刻です。

リスクこうしたリスクが膨らんだ状態で、同様のつまりが生じた場合、先の経験から今度は落ち着いて同様の対処に及んでしまうのが、私達に共通する判断からの行動です。ところが期待通りの改善効果どころか、便器内の水面は一気に競り上がって溢れ出し、この時点でパニックとなってしまっている間にも、足元に溢れた汚水はトイレ内から外部へと流れ出してしまえば、一大事どころではありません。

前回自力解決出来てハズのトイレのつまりが、今度はトイレ外にまで深刻な状況を届けてしまう、何が何でも回避したい悪しき展開は、残念ながら今この瞬間も、全国各地のどこかで生じているに違いありません。素人作業での解決を完了と捉えず、やはり専門業者によるダメ押し的な確認からの復旧作業が欠かせません。

トイレのつまりの解決法

多くのご自宅や店舗のトイレには、つまった際に用いるラバーカップなど、緊急対応用のアイテムが備えられています。これらを用いてトラブルが解決から一安心も束の間、今度は更に深刻な状況が発生してしまう展開は珍しくありません。トイレの詰まりは問題が生じている箇所を、外から目視確認出来ないのみならず、素人の技術と手元の工具では正しい対処が困難な場所で、つまりの原因となる何かが停留しているのが共通点です。

ラバーカップ強引に素人が手を加えてしまえば、結果文字通りの惨状を招いてしまうリスクが否めず、やはり然るべき専門業者の対応を仰ぐのがベストですが、ここで問題となるのが、トイレのつまりは発生時間を選ばぬ現実です。近隣の工務店やマンションであれば管理会社へ連絡したくとも、営業時間外であれば速やかな対応は望めず、ご家庭もしくは運営されている店舗のトイレが使用不可となれば、これは大問題です。

ここではトイレつまりが生じる可能性を念頭に置き、有事に速やかに適切な初期対応を講じる上で、必要となる大切なポイントをお伝えします。「備え有れば憂いなし」の言葉通り、何を備え、どのような対応が必要なのか、ご自身のみならずご家族あるいはスタッフ各位の間で、必ず共有しておいていただきたい基礎知識を中心にお話し申し上げます。早朝深夜や祝祭日などに、この深刻なトラブルに遭遇された際にも、慌てず確実に遂行から、被害を最小限にとどめると同時に、根本的な解決に繋げていただくべく、ぜひ最後までご一読ください。