素人対応のみのリスク

突然トイレのつまりに遭遇から、大慌てでラバーカップを駆使して大量の水を流し、目に見えぬ部分のつまりが流れ落ちて行った気配を確認から水が通って一安心という展開は、多くの方々が経験されているに違いない状況です。 確かにその時点では一件落着状況に違いありませんが、実はこの応急処置的な対処だけでは、再び同様のトラブルが生じるリスクの根本的な解決どころか、時にリスクを大きくしてしまっている懸念が否めません。その場では水が通った結果、目に見えず外部からは手が届かぬ箇所で、より深刻なリスクの種子が発芽してしまっているとすれば、状況はより深刻です。

リスクこうしたリスクが膨らんだ状態で、同様のつまりが生じた場合、先の経験から今度は落ち着いて同様の対処に及んでしまうのが、私達に共通する判断からの行動です。ところが期待通りの改善効果どころか、便器内の水面は一気に競り上がって溢れ出し、この時点でパニックとなってしまっている間にも、足元に溢れた汚水はトイレ内から外部へと流れ出してしまえば、一大事どころではありません。

前回自力解決出来てハズのトイレのつまりが、今度はトイレ外にまで深刻な状況を届けてしまう、何が何でも回避したい悪しき展開は、残念ながら今この瞬間も、全国各地のどこかで生じているに違いありません。素人作業での解決を完了と捉えず、やはり専門業者によるダメ押し的な確認からの復旧作業が欠かせません。